竹久夢二伊香保記念館

御案内 観光 自然 温泉 食事・特産
水澤寺(水澤観音)
旧ハワイ公使別邸
石段街
蔵座敷
大正ロマン夢の館
伊香保 保科美術館
伊香保おもちゃと人形・自動車博物館
伊香保 切り絵美術館
伊香保システィーナ美術館
伊香保美術館
伊香保女神館
切り絵 緑の美術館
群馬ガラス工芸美術館
竹久夢二 伊香保記念館
徳冨蘆花記念文学館
珍宝館
ハラ ミュージアム アーク
渋川スカイランドパーク
世界の名犬牧場

竹久夢二 伊香保記念館

 竹久夢二は、明治17年9月16日、岡山県の酒屋に生まれました。早稲田実業在学中、雑誌『中学世界』にコマ絵「筒井筒」が一等入選し、初めて世に名をあらわしました。夢二はまた日本各地を旅行し、晩年には欧米も訪れました。しかし帰国後、肺結核となり昭和9年、51歳(数え年)でこの世を去っています。
  竹久夢二が、はじめて伊香保を知ったのは加藤ミドリさん(旧姓松沢)からのファンレターでした。大正8年に伊香保を訪れて以来、伊香保の気候、風土、人情が夢二の心を捉え、晩年には「榛名山美術研究所」建設という大きな構想を立てていました。 絵画の他、デザインや本の装幀、詩や俳句など幅広く活躍しました。

 群馬県の中部、榛名山の中腹に位置する町、伊香保。万葉の時代、現在の榛名山一帯は伊香保嶺とよばれ、万葉集の東歌のうち上野国(群馬県)の部でもっとも多く歌に詠まれたのが伊香保でした。 夢二と伊香保との出会いは、少女からの一通の手紙で始まります。

 「夢二先生、先生は伊香保にいらっしゃったことがおありでしょう。私は、そのとき『先生は夢二先生でしょう』とお聞きしたかったのですが気が引けて言えませんでした。」

  夢二のもとへ伊香保の少女からの手紙が届いたのは明治44年のことでした。

 「愛らしいお手紙うれしくうれしく拝見しました。イカホとやらでお逢ひになったのは私でありません。それが私であったろうならと心惜しく思はれます。お逢いする日があったらその日を楽しみませう。さらば春の花の世をすごさせたまへ」

  夢二がはじめて伊香保を訪れたのはそれから8年後の大正8年のこと。当時あの『宵待草』が日本中で歌われ、夢二の名は不動のものとなっていました。

古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
このサイトに関するお問い合わせは、『風のたより』 までどうぞ
伊香保温泉観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク